効果的に練習して結果を出そう

当サイトをご覧いただきありがとうございます。

ゴルフのパッティングが上手くなりたいすべてのゴルファーに

お役に立てるような情報をコラム的にまとめました。

少しでも参考にしていただければ嬉しいです。

 
グリーン上でのパッティング。

ゴルフを考えた人は何とも悩ましいものをホールの最後に持ってきたものです

そこそこの練習量しかせずにコースで

パッティングはハマるととんでもなく悪い結果になります

 

しかも頭で強めに打ってはいけないと言い聞かせても

打つ前に何度素振りをしてイメージを掴んでも極度のプレッシャーがかかると

自分の意思と関係なく頭で描いた弱めのパッティングとは

逆の強いパッティングが繰り出される事もある… 練習不足もあります

 

たくさん練習量をこなしている人もいるかもしれないけれど、

上達するために効果的な練習をしている人はどれだけいるのでしょうか。

 

 

そんな状況で試してほしいのが「パッティングでの基本は頭を動かさない事」

そして「パッティングは肩で打て」これを常日頃の練習で体に染み込ませておくことがポイントです。

 

効果的な練習方法… いくら量をこなしても

意味のある効果的な練習を積まなければ結果に繋がりにくいです。

 

グリーン上でプレッシャーを受けても体が練習の時の感覚を

そのまま出す事ができればプレッシャーに打ち勝つことが出来るかもしれません。

 

他にも弱めのラインならまっすぐにパッティングしても

カップインできると言い聞かせて実際にボールがカップインするまで

頭を上げない、これらの効果的なルールを守るだけでかなりスコアが良くなるはずです

 

パッティングで良い結果が出せない方は

今よりも効果的な練習や基本ルールを決めて実践することをオススメします。

 

次の内、パッティングが上達する方法はどれでしょうか?
  1. 高いお金を払ってプロから直接学ぶ
  2. 自宅用のパター練習グッズを買ってひたすら練習する
  3. パターの上手い知人に教わる
  4. パターに特化したゴルフコーチの理論を学ぶ
  5. トッププレイヤーのパッティング動画を見てマネする

>>正解はこちら

スポンサードリンク